42歳 なるべく痩せるように体を動かすことを心がけています。

健康診断である年突然、「ちょっと血圧が高いね」と言われてビックリしました。

 

よくよく考えれば40代を過ぎれば生活習慣を見直さなければならない時期、だとはわかっていてもまだまだ若いつもりでいたので正直ショックでした。

 

そのまま引き続いて病院で診療を受けていますが、なかなか下がりそうで下がらず、また年齢が若いが故に高血圧で大変!というほどでもなく、じわじわと心が重くなっている感じです。

 

このまま不摂生を続けていたら、いつか思わぬところで病気が表に出てくるのかなあ、と思えば怖いような気もしますが、かといって長年の生活習慣は簡単には正せそうにもありません。

 

タバコやお酒をたしなむわけではなく、端から見ると「じゃあ、なぜ?」とは言われますが、やはり運動不足による肥満傾向が顕著なのだと思います。

 

お医者さんからもズバリ!「ちょっと痩せたら、血圧は下がってくるんだけどね」と言われる始末で、まさに自分の日頃のせいだと反省しきりです。

血液サラサラは魅力的!

血圧高めの状態に、ナットウキナーゼがどれくらい「効く」のかは正直わかりませんが、血液がサラサラということばには、魅力を感じます。

 

納豆の力については、よくTVなどでも取り上げられているので、「血液にいいのだろうな」ぐらいには感じていましたが、DHAやEPAにも血液サラサラ効果があることは、知りませんでした。

 

なんとなく「成人病にいい」といった印象はありましたが、血液や血管に関わることははじめて知ったので興味深いです。

 

思い返してみれば、たしかに若い時から、魚よりは間違いなく肉食に偏った生活をしていました。

 

日本人らしい魚中心の生活が、実はとても健康的だ、ということはよく聞きますが、なかなか実践するのは難しいもの。

 

また、まだまだ40代で若いつもりなので、暴飲暴食の機会も多く、お付き合いでそうした美食にまみれてしまうことも多々あります。

 

納豆についても、私個人は好きなのでよく食べるほうですが、関西在住の私としては、身近なところに「納豆きらい」な人がいるのも事実です。

 

そうした意味で、知らなかったことが多く、ナットウキナーゼ&DHA&EPAの中身を知りたいと感じました。